新築で省エネの家を建てよう

ホームへ戻る >  土地購入後に気がつく日照・通風のチェック  > 新築で省エネの家を建てよう

エコ最近はエコが合言葉の様になっていますが、新築注文住宅の家を考えているのであれば省エネタイプに知るべきです。家電を選ぶ際でも省エネを選ぶ人は多いと思いますが、家のエネルギーも半分以下に抑えることは可能です。光熱費を安くして、そして地球にやさしい新築の家を建てる、それが省エネの家です。なぜ省エネが実現できるのでしょうか。その理由は、断熱性をアップしているからです。断熱材を隙間なく敷きつめることで、家全体をくるんでしまっているので、通常の家に比べると気密性にも優れていますし、断熱にも優れた構造になっているのです。

窓の周辺が寒いという良くある冬の問題もありませんから、温度差もなく快適な温度で1年中家の中は過ごすことができるのです。夏に涼しくて、冬に暖かいという最高の家です。新築で省エネの家を建てる時には使用規定を使う方法と性能規定を使う方法の2種類に分けられています。使用規定は断熱材の種類や作り方、ガラスやサッシの種類など、あらかじめ種類が指定されているのでその中から選びます。


次に性能規定の方は、設計をする段階で、断熱性能を計算して、基準を上回るようにするという方法です。どちらにしても、これから家を建てるなら、光熱費もかなり安くなりますし、地球にとってもやさしいですから、省エネ住宅を建てるようにするといいかもしれませんね。


特に注文住宅や売建住宅を希望している人なら省エネ住宅も十分に検討可能です。