工務店との契約について

ホームへ戻る >  土地購入後に気がつく日照・通風のチェック  > 工務店との契約について

一戸建てを依頼する工務店を決定したら、いよいよ契約です。この契約内容をしっかり把握したうえで依頼しないと、後でさまざまな問題やトラブルに見舞われる恐れが出てきます。


工事請負契約をする際にはさまざまな手順が必要になります。契約書はもちろん、契約の約款、設計図書、見積書などがすべて揃った上で行うことになるのです。これらは工務店側が用意することになりますが、その際には詳しい説明などをしっかり聞いた上で署名するようにしましょう。両者が署名捺印することで、契約が成立することになります。これ以後契約に反するような行為を行うと違約金などが発生する場合もあるので注意が必要です。


契約が終わったら、役所に審査をしてもらう必要があります。設計書が法律に違反していないかをチェックしてもらい、これが受理された段階ではじめて着工が可能になります。この手続きは原則として工務店側が代行することになります。

もうひとつ注意が必要なのが、塀や門などの外溝です。外溝工事は一戸建てと一緒に依頼する場合と、別々に依頼する場合とがあります。別々に依頼する場合は事前に見積もりをしっかりやっておかないと予算が足りなくなってしまう場合もあります。住宅の工事と同時進行で、見積もり・契約をしておくことも重要になるでしょう。


最後に細かい設定が行われ、着工がはじまることになります。便器や照明の選択や壁紙など細かいとはいえ、日常生活に大きな影響を及ぼす部分もあるだけによく話し合っておくことになります。


こうした一連の流れを工務店との間で進めたうえで、着工がはじまることになります。後々になって問題が発生するようなことがないためにも、しっかりと把握しておきたいところです。