予防歯科の歯科医

ホームへ戻る >  これからの家作りに求められるもの  > 予防歯科の歯科医

虫歯ができてしまってから歯科医に治療してもらうのではなく、できる前に予防する方が望ましいです。虫歯というのは、治療できません。削るか、抜くかしかありません。削るのも抜くのも、どちらも患者に負担がかかります。それよりも、できてしまう前にしっかりと予防し、いつまでも健やかな歯を保ちたいものです。虫歯ができていないのに歯科医を訪れるのは、抵抗があるし、面倒な気もしますが、虫歯になってしまってから、何カ月も通院する方がよほど面倒です。予防歯科により、虫歯の抑制はもとより、歯肉炎、歯槽膿漏、知覚過敏、口臭予防の効果をもたらすことができます。利用するメリットの方がはるかに大きいのです。

予防歯科では、PMTC(Professional mecanical tooth cleaning)を行います。専門的な器械とフッ素入り研磨ジェルを使用し、歯面清掃(クリーニング)を行います。歯科医あるいは歯科衛生士が行います。これにより、虫歯など、歯と口腔内の健康が保たれます。


まず器械を使用し、歯と歯肉の境の溝の中のプラークをすべて取り除きます。1~3ミリの小さな溝の中に、細菌の塊、プラークがこびりついています。これを取り除くことにより、ツルツルになるだけではなく、プラークがつきにくい歯になります。


虫歯予防だけではなく、茶渋やタバコのヤニが気になる人にも、ぜひおすすめしたい治療です。ツルツルになるので、その後茶渋やヤニがつきにくくなります。