ワイヤーでの矯正について

ホームへ戻る >  これからの家作りに求められるもの  > ワイヤーでの矯正について

歯列矯正の方法でもっとも一般的で普及しているのが、ブラケットを装着する方法です。歯の表面に独特のワイヤーを取り付ける方法でおなじみです。確実に歯並びを矯正できる方法なのですが、非常に目立ってしまう上、審美的にも良いとはいえないために敬遠する人も少なくありません。そのため最近では歯の裏側に装着する下側矯正や、着脱可能なマウスピースなど見えない矯正方法が注目を集めています。


しかし、舌側矯正は舌が装置に触れて違和感を感じたり、口内が傷つきやすい、歯磨きが難しく虫歯や歯周病になりやすいといったデメリットもあります。またマウスピースの場合歯並びの状態によっては不適当な場合も出てきます。また費用や治療期間の負担が重くなってしまうという面もあり、やはり通常の治療がもっとも歯列矯正には適しているという面もあります。

そのため、従来のブラケット治療を見えない矯正にするための工夫も凝らされるようになっています。それは使用する素材の選択肢を増やすことによって行われています。装置が目立ってしまう最大の原因が金属性のワイヤーでした。しかしこのワイヤーの素材を、透明なセラミックや硬質レンジなどを使用することによって目立たなくすることができるのです。


これらの素材は金属製に比べて強度に劣るというマイナス点があるため、どれを使用するかは医師と相談した上で決定する必要がありますが、通常の矯正方法の中で効果的に治療を行う選択肢となってくれるでしょう。これも見えない矯正の一種として憶えておきたいところです。