見えない矯正の費用

ホームへ戻る > 見えない矯正の費用

親しい人への結婚祝い
骨の高さが不足している人のインプラント
やっぱりコスパが重要
総入れ歯と部分入れ歯の種類別治療期間
リウマチと精神状態

歯列矯正の大きなテーマとなる外観の悩みです。金属製のワイヤーを取り付ける従来の矯正方法は非常に目立ってしまうため、見えない矯正を望む人が多いようです。特に近年では成人で歯列矯正を受ける人が増えていることもあって、その傾向が強まっていると言われています。


見えない矯正は外見の悩みを解消してくれる非常に魅力的な選択肢ではありますが、その分費用が多くかかってしまうという問題があります。では実際に見えない矯正ではどの程度の費用がかかるのでしょうか。

舌側矯正の場合は上下の歯ともに裏側に装着する「フルリンガル法」か、上の歯だけを裏側に装着する「ハーフリンガル法」かによって費用が異なってきます。費用に関しては各クリニックごとによって設定が異なってきますし、治療期間や通院回数によっても違ってきますが、治療期間を2年程度と見積もった場合、フルリンガル法だと140~150万円程度、ハーフリンガル法だと130~140万円程度が目安となります。フルリンガル法の方が1割程度高くなる傾向が見られます。


一方マウスピース矯正の場合。この矯正方法が適用できるのは比較的症状が軽い患者に限られるということもあり、治療費は50~80万円程度が目安となっています。もちろん、これらにかかる費用は全額負担となります。


同じ症状なら見えない矯正方法を選択した方が費用が余分にかかることは間違いないでしょう。治療がもたらす心身への負担と経済面の負担を天秤にかけたうえで選択する必要があるのです。