貸事務所とレンタルオフィスの違い

ホームへ戻る >  漢方薬と不妊症  > 貸事務所とレンタルオフィスの違い

起業するにあたって、まず必要になるのが業務を行なうスペースだと言えます。そこで、多くの場合では貸事務所を借りて仕事を始めるのですが、最近ではレンタルオフィスというもっと簡易なものにも人気が集まっています。どちらが良いというものではなく、業種や規模によっても、どっちを選ぶかには違いが出てきます。よく言われているのが、低コストですぐにでも仕事が始められるのがレンタルオフィスだということです。


貸事務所は、住居探しと同じように、物件選びから始まります。立地や周辺環境などを考慮して、賃料とのバランスを考えて慎重に選ぶ必要があると言えるでしょう。また、設備も1から自分で用意しなければいけなくなります。その点でいえば、レンタルオフィスならば必要な設備は、最初からついているものが大半です。もっとも小さな形態では、机と椅子があって、そこに固定電話が1台置いてあるだけというものもあるのです。あとは自前のパソコンがあれば、すぐにでも仕事が始められるというわけです。

貸事務所に比べて、レンタルオフィスならば低予算で事業を始められるという大きな利点があります。しかし、それはあくまで会社の規模が小さなものであることが前提なのです。社員が増えれば手狭になってしまいますし、業種によっては初めからある程度の人員が必要なことも考えられます。そうした場合には、やはり貸事務所の方が適していると言えるのです。また、レンタルオフィスの場合は、短期間で入れ替わったりするケースも多いようです。