ペットと暮らす賃貸

ホームへ戻る >  ブログのSEO対策とキーワード  > ペットと暮らす賃貸

ペット人気が高まっている時代です。高齢化社会の進行、あるいは人間関係の希薄化などを背景に、日常生活のパートナーとしてペットを求める傾向が強まっているのです。この流れはペットとなる動物に対する需要だけでなく、ペットと暮らすための居住環境への需要にまで及んでいます。


賃貸の場合、ペットを飼うのが難しいと言われています。もともとペットの飼育が禁止されている賃貸物件も多いですし、他の入居者とのトラブルが生じる恐れがあります。賃貸暮らしでもペットを飼いたい、そんな需要に合わせてペット向けの物件も増えているのです。

ペット向けの物件には大きく分けて2つの種類があります。ひとつはペット可能な物件。もうひとつはペット共生スタイルの物件。とくに後者が近年注目を集めているのです。


ペット共生とは文字通りペットと暮らすことを前提に環境や設備が整えられた物件のことを言います。ほとんどのペット可の物件は人間中心、普通の物件でペットを飼ってもよい、という形となっています。しかしペット共生の物件では動物を飼うことを前提としたさまざまな環境が用意されています。ペット専用の出入り口や段差がなく、すべりにくい床といった基本的な居住環境の配慮から、エントランス部分に足洗い場やペットの排泄物用のダストボックスが用意されているなど。また、原則として入居者全員がペットを飼っているため、トラブルの不安を少なく安心して飼えるのも大きな魅力です。


設備が充実している分、通常の賃貸物件に比べて家賃は1~2割ほど割高になりますが、ペットと暮らしたい人にとっては理想的な環境を手に入れることができる選択肢となるでしょう。