一戸建てと防音性

ホームへ戻る >  ブログのSEO対策とキーワード  > 一戸建てと防音性

一戸建て住宅の魅力はプライバシーの維持にあるといってもよいのではないでしょうか。周囲や隣人を気にすることなく日常生活を送ることができる。マンションにはないメリットです。しかしそれもプライバシーに配慮した居住環境を確保して初めて実現することになります。その際に重要になってくるのが防音性です。


一戸建てにおける防音性は建物の気密性にも関わってくるだけに、快適な居住空間を確保する上で欠かせないポイントです。住宅内の物音をできるだけ外に漏らさない配慮が求められます。これは単に話し声だけでなく、トイレや浴室の音など生活の中で立てられる音に関しても配慮が求められるのです。

防音性の確保には大きく分けて3つの対策方法があります。まず敷地内における建物の位置、間取りを工夫すること。道に面したところにトイレや浴室を設置しない、音を建てる部屋を隣家に近いところに設置しないといった対策です。これは間取りを決める際に入念に検討して決めることが大事です。2つ目は構造に配慮すること。たとえば外壁を多重構造にすること、窓を二重構造にすることなどが挙げられます。こうした対策を行うことで気密性の向上と併せて防音性を高めることが可能です。3つ目は防音性に優れた素材を使用すること。床のフローリングに下地材を使用する、壁に吸音材を使用するといった方法でも大幅に音の問題を改善することができます。


マンションほどではないにしろ、騒音の問題が近所トラブルに結びつく可能性もあります。防音性の確保は一戸建てにおいて欠かせない対策といえるでしょう。