矯正歯科での治療と精神状態の関係

ホームへ戻る >  ウォーターサーバーの形状  > 矯正歯科での治療と精神状態の関係

現代社会では精神面の悩みを抱えるケースが増えているといいます。ストレス社会と言われ、常に緊張と不安に晒される環境も大きな要因でしょう。こうした精神の問題が自律神経失調症をもたらし、ひいてはうつ病へと進展させてしまう恐れもあります。


しかし、現在の医学では逆のケースも指摘されるようになっています。つまり体の変調から精神のバランスを崩し、自律神経失調症やうつ病に進行してしまうケースです。精神のバランスの維持を心がけるためにはまず体の健康の維持が大前提となるのです。


そんな健全な健康状態の維持と矯正歯科との間に密接な関係があると聞くと驚く人も多いのではないでしょうか。じつはこの2つの間には驚くほど密接な関わりがあるのです。矯正歯科では歯並びの悪さや顎関節症の治療を行いますが、こうした問題を抱える患者に見られる症状と自律神経失調症の症状の間には共通点が見られるのです。

これは偶然ではなく、歯並びの悪さや顎関節症による頚椎のねじれが原因にあると言われています。このねじれが神経を圧迫し、自律神経のバランスを崩してしまうというのです。自律神経は交感神経と副交感神経がバランスをとることによって正常な状態を維持していることはよく知られています。歯並びの悪さや顎関節症はそれを乱す影響を及ぼすわけです。


簡単にいえば、どんなカウンセリングやストレス解消といった精神面のケアを行ったとしても歯並びや顎の問題を抱えていれば精神状態の改善は期待できないことになります。噛み合わせが悪い人は心のケアも頭に入れた上で矯正歯科で治療を受けてみてはいかがでしょうか。